気になって仕方がない

趣味など、日々雑感メインの予定(脳へのコスト削減を重視しているので、推敲は甘めです。気にせず読んでいただけると大変うれしいです。)

快楽脳との闘い

こんにちは、kuyupeachです。

 

あーもう休みも終わってしまうという方も多いですね。私は夏休みは少し後に取っているのでいわゆるお盆休みもせっせと(?)働いていましたが。それでも日曜日の夜は、翌日から仕事を控えている人にとってはつらいですよねー。

 

研究職をやっているもので、休みといっても勉強をしたり、アイディアを練ったり、あるいはサラリーマンとして作らないといけない資料の構成を考えたりなどとやらないといけないことも多いです。まあ、このへんは休日にやってもいつやっても、成果が出ていて他人に迷惑かけていなければなんとかなるのが研究職の救いですかね。。。ちなみにこの土日は比較的ひまで、そろそろやってくる評価面談に向けた上期の成果(と思うことをかなり水増ししたものw)の振り返りでした。それも大体書くこと見つかったかなーと思った瞬間にやる気失せましたけどw

 

まあ、昨今は「働き方改革」の時代ですし、あんまり大っぴらに休日に業務の延長みたいなことをやっていると怒られるし、周囲に迷惑をかけるので、ほどほどにしないといけないですし、やっぱりなんだかんだ言っても休日に業務っぽいことやっていると精神的に参ってきそうにもなりますしね。

 

そもそも休日にやらなくて済むように平日に頑張れればこんなことにはならないわけです。それでもなかなかうまくいかない。それに平日は平日で、あとは打ち合わせもないし、「家で個人作業としてこっそりやれば間に合うなー」と思った瞬間さっさと家に帰りたくなるんですよ。これがよくないですね。それで、家に帰ったらできると過信しているのですが、実際家に帰ると全くやる気がする瞬間もなくそのままだらだらと過ごして、若干ブルーになりながらも翌日何とかなるという淡い期待を抱きながら眠りにつくわけですよ。

 

で、どうしてこんなことになってしまうのか。答えは単純(?)で、某有名サイトでも触れられていますよね。

waitbutwhy.com

自分の場合はまさにこれで、このサボりたい猿(?)に理性のコントロールを完全に奪われてしまうのです。奪われていることには気づいているし、締め切りも迫っていることも認知はしているのだが、やめられない。「ニコニコのゲーム実況見なきゃ」、「Youtube見なきゃ」、「あーやらないとまずいなー、だけどなんとなくYahooニュース見よっ」みたいな繰り返しです。とにかく現実におびえながらもこういった快楽におぼれていないと飢え死にするような快楽脳との戦いを制さないといけないんですね。

 

と、ここまで書いてなんですが、もちろんこの戦いを制する答えは私は持ち合わせていません。だからつらいんです。でも今日この日この時間に、この戦いについて自分が何を考えていたかを雑にでも書き起こしておかないと一歩も進めない気がするんです。だからこんな読みづらい状態ですがとにかく書いておきます。

そして、今日この記事を書いたり、少しゲームをして2、3ステージクリアしてみたり、趣味の写真現像をやって、下の写真をFlickrに挙げてみたりして少しだけ思ったのは、とにかく快楽脳への報酬になりそうなことでも、何らかのクリエイティブないしは単なるコンテンツの消費ではない、達成感が得られるようなことを少しでもやっておくことが重要だということです。これによって、少なくとも今日自分はひたすら「消費」しかしなかった、と後悔することだけは避けられそうな気がします。うーん。。。

 

今日アップした写真。これも結構前に古河庭園に行った時の写真なんだけどなー。編集してアップするだけでどうしてこんなにかかってしまったんだか。。。

Bamboo fence